幼児教育・保活

【絵本】1歳児がハマった絵本



nana
生後2ヶ月から絵本が大好きな娘を育てるママです

この記事では1歳の娘が大好きな絵本を紹介していきます。お気に入りの絵本が増えたら、適宜更新します。

 

くだもの

著者の平山和子さんは東京芸術大学美術学部図案科を卒業されており、美しくみずみずしい絵が魅力的な絵本です。娘は0歳の頃は興味なかったのですが、ちょうど1歳になりたての頃にハマりました。すいかの種を取ろうと指先でほじくったり、ぶどうのつぶつぶ感が気になるのか頻繁に触って、笑っています。

 

かおかおどんなかお

ママ友に教えてもらい、購入した本です。ちょうど1歳になりたての時期からヒット!娘が多くのことを学んだ絵本で、「め」「はな」を得意げに指す、「こまったかお」で両手で頭を抱えて困ったポーズ…とても可愛い姿をたくさん見させてもらいました。児童館などにあると必ず手にとって、読んで!と手渡してきます。5回は読むことになります。

 

ノンタンシリーズ

ノンタン!サンタクロースだよ

1歳1ヶ月頃にハマりました。0歳向け絵本よりも、ストーリー感があり、文字数も多いです。「ねんね」はこの本で覚えたみたい。1歳4ヶ月頃には「ねんね」と言って、この絵本を読んで!と要求。寝たいときには「ねんね、ねんね」と言うようになりました。この絵本をきっかけに、ノンタンの絵本が好きになったようで、図書館でノンタンがあると必ず読んで読んで読んでラッシュに突入します。

 

はみがきはーみー

ノンタン2冊目です。1歳2ヶ月頃からハマっています。読んでの要求は1日に3回以上!歯磨きを嫌がるときは、この絵本を読みながら。1歳4ヶ月になると「ぴっかぴか」を言いたいのか「ぴぃぃかぁ」と真似しています。ホテルステイなどの外出は必ず持参しています。ノンタンシリーズは一人遊び中も熟読しています。

 

おしっこ しーしー

ノンタン3冊目です。1歳3ヶ月頃かな、トイトレに良いなと思って買ってみました。娘はやはりノンタンの虜で、こちらもかなりハマりました。「しーしー」を言おうとして「てぃっ、てぃっ」と言う姿が可愛いです。

 

きんぎょがにげた

言わずと知れた名作です。0歳の頃は反応イマイチでしたが、ちょうど1歳頃から、きんぎょを指さしたり、ニコニコして読んでいます。読んで!の要求も多く、一人でもよく読んでいます。

 

おもちのきもち

「だるまさんが・の・と」シリーズの「かがくいひろし」さんのデビュー作。おもちが逃げ出す絵本なのですが「ぺったんぺったんぺったん」など擬音が多く、1歳の娘も楽しんでいます。「ぺったん」にあわせて床を叩くようになりました。ストーリーは単純で、リズム感のある絵本なので1歳から小学生まで楽しめる絵本です。

 

ぴょーん

ぴょーんにあわせて、体を動かして喜びます。また、かたつむりさんのページで「だめかぁ…」のポーズもしっかり再現して喜んでいる姿がとても可愛い。ぴょーんは自分でページをめくりたいようで、私が持って、娘がめくります。こちらの絵本も先輩ママのおすすめ。先輩ママの情報恐るべし…!

 

いもむしパン

2017年絵本レビュー大賞を受賞された「つぼいじゅり」さんの作品。パンをこねこねして、パンが出来上がる過程を、イモムシが蝶になるようすとともに描いています。絵本ナビでは対象年齢は4歳が目安になっていますが、乳児の関心を引き付ける面白い音の言葉がたくさん使われています。「こねこね」「もにょーんもにょーん」「ふわわわわ」「チーン」「ガチャ」「パタパタ」など。こちらの本は、本屋さんで手に取り、1歳半の娘が好きなのでは?と思って購入したら大ヒット。読むたびに、新しい言葉を話しています。また、その姿がとてもかわいいです。

 

ノンタン1・2・3

ノンタンの数字の絵本です。数字の絵本がなかったので購入しました。全く興味を示さないかも…と思いながら娘に読み聞かせをしました。イラストが面白いので、一人遊びで絵本を眺めながら「ぐふふ」と笑っている様子を見て、買ってよかった!1歳6ヶ月の娘は「じゅーぅ(10)、きゅぅ(9)、ごぉ(5)」とお喋りするようになりました。数字はお風呂でも数えているので、ノンタンの絵本との相乗効果かなと思います。

 

きゅっきゅっきゅ

林明子さんの大人気「くつくつあるけのほん」シリーズの1冊です。1986年に出版されたロングセラー絵本です。ふだんの食事中の「こぼして、ふく」という日常を切り取った絵本です。娘は自分のポッコリしたかわいらしいお腹を「きゅっきゅっきゅ」に合わせて拭いています。

 

「くつくつあるけのほん」シリーズはこちら。1歳の娘には、生活に絡んだ絵本を積極的に読んでいます。生活に絡んだ暖かい絵本のシリーズです。

 

ぽんちんぱん

「ぽんちんぱん」をはじめとしてリズムの良い音、いろいろな美味しそうなパンのイラストが楽しめる絵本です。有名で、人気です。1歳7か月の頃に読み聞かせしてみたところ、にっこにこの笑顔で、リズムに合わせて身体を揺らして楽しんでいます。選んだきっかけは娘がパンが好きだから。出社前の忙しい朝、私がキッチンでパンを食べながら、家族の食事を準備していると、娘がその姿を見て『パンっ!パンっ!』と言います。


後述

1歳の娘が好きな本をまとめました。0歳時代はは興味を示さなかった絵本を気に入ったり、絵本の真似、お喋りをします。

nana
絵本を通して娘の成長に気づきます!

今後もどんどん好きな絵本が増えていくと思いますので、適宜更新します。
0歳の頃に好きだった絵本は別途こちらの記事にまとめています。1歳になった今も、大好きな絵本ばかり。

  • この記事を書いた人

Nana

理系院卒の1児の母。2022年現在の投資額は1000万円(夫別)。 現在の目標は2030年までに資産1億円到達。配当金と株主優待が好き。 育休中に保育士資格を取得。整理収納アドバイザー、時短家事コーディネーターⓇBasic。 twitter,アメブロ,instagramやってます♡ アメブロ(★https://ameblo.jp/nana-mamalife)はマタニティ・育児・教育・投資・ベビーグッズレビュー・時短家事等、幅広く更新。

-幼児教育・保活